オルソケラトロジー

新しい近視矯正法「オルソケラトロジー」のご案内

オルソケラトロジーは、角膜形状を矯正するハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ) を寝るときだけ装着し、日中の裸眼視力の改善を行う、新しい近視矯正法です。 2009年に株式会社アルファコーポレーションが、日本で初めてオルソケラトロジーレンズの認可 を取得し販売を開始しました。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、多くの国でその効果と安全性が 広く認められている治療法です。
オルソケラトロジーレンズは・・・・
・レンズの内側にカーブを施した特殊なデザインをしています。
・レンズの中心部がフラットになっており、この部分で角膜の 形状を少し平らにして、近視を矯正します。
・レンズはひとりひとりの角膜の形状や近視の程度に合わせ てオーダーメイドします。
・レンズは寝る前につけて、朝はずします

 

オルソケラトロジーによる近視矯正の仕組み

 

近視矯正の効果

 

装用開始時に平均0.3だった裸眼視力が、1週間後には、平均1.0にまで改善され、 その後の視力は安定しています。
**レンズメーカーが日本国内の医療機関で実施した臨床試験の結果

こんなお悩みをお持ちの方に・・・・
日中のコンタクトやメガネの装着に抵抗がある、コンタクトをしていると乾き目が気になる、スポーツをするときに不便、花粉症の時期は大変…
オルソケラトロジーでは、コンタクトレンズをつけるのは寝ている間だけです。 睡眠中にしっかり近視矯正し、日中は裸眼で快適に過ごせます。

オルソケラトロジーは、学童期のお子様にお勧めです。
● 夜間に親の監視下でのみ、レンズを装用すればよいので安心です。
● 授業に集中でき、体育の時間もメガネや通常のコンタクトレンズのように壊したり、なくしたりす る心配がありません。
● 高学年になり、部活やスポーツ少年団に入ると不便に感じる方が多いようです。オルソケラト ロジーなら裸眼でスポーツにも集中できます。

治療の流れと費用(税別)
1.適応検査&トライアル装用:10,000円
オルソケラトロジーレンズの装用に適しているか、近視の度合いや眼の健康状態を調べる「適応検査」を受ける必要があります。 適応検査で問題なければ、院内のトライアルレンズを装用していただきます。短時間ですが、オルソケラトロジーの効果が体感できます。
*所要時間:約60分~90分
2.お試し装用(約1ヶ月間):25,000円/片眼 50,000円/両眼
個々の眼の状態に応じた「専用レンズ」をお試しで装用体験できます。お試し期間中の専用レンズの使用料、装用開始から1か月間の検査費用を含みます。
お試し装用に満足されなかった場合は、費用を全額返金いたします。お気軽にお試しください。
3.治療の継続の決定:90,000円(初年度)
治療の継続を希望する場合は、本治療を開始します。治療を続けている間は、医師の指示に従って定期検査を受けます。(3ヶ月に1回が目安)定期検査では、視力、角膜形状の検査、レンズの検査などを行います。1年間の定期検査費用、専用レンズの破損交換保証(装用開始から1年以内、片眼につき1枚限り)、専用レンズの処方交換保証(装用開始から1か月以内、片眼につき1枚限り)が含まれます。

オルソケラトロジーと近視抑制効果
近視は、眼球の奥行きの長さ(眼軸長)が伸びてしまうことが原因の1つと考えられています。眼軸が伸びると、本来網膜上で合うはずのピントが前の方にずれてしまい、遠くを見たときにぼやけて見えてしまいます。近視の進行を抑えるには、眼軸の伸びを抑えることが有効です。眼軸はいったん伸びてしまうと元に戻すことは出来ません。 近年の様々な研究によると、オルソケラトロジーレンズを装用することにより、近視の原因である眼軸長の伸びが軽減されるという報告がされています。
特に欧米や中国を中心とした海外では、未成年者に対して近視進行抑制を目的として積極的に処方されるようになっており、その効果や安全性についての成果が発表されています。今後ますますオルソケラトロジー普及は進むと思われます。

動画で見るオルソケラトロジー